Webデザイン

WEB DESIGN


美しいだけではなく、マーケティング戦略に沿ったWebデザインをご提案いたします。Webデザインは、紙媒体のデザインと異なり「操作されるものである」という要素があります。ユーザーは、Webデザインに従ってWebを操作します。そしてそのWebサイトで得られた体験(User Experience)によって企業が提供するサービスの価値を理解します。クライアント企業の商品を伝えるため、全ては論理のもとに。私たちは、左脳系Webデザインをご提供いたします。

ターゲットを特定するWebデザイン

Webデザインのカラーリング
どのような色彩でWebデザインを行うかは、ターゲティングの一つの手法です。例えば信頼性を高める色彩と、敷居を低くして問い合わせ数を増やす色彩は、具体的に異なります。
テキストフォントの選定
文字は長い歴史の中でそのスタイルを変えてきました。日常的に意識することは少ないかもしれませんが、私たちは書体を見ただけで時代や世界観を感じます。フォントの選定もまた、ターゲティングのための非常に重要な要素です。
雰囲気の構築
Webデザインによって作り出される雰囲気は、ターゲットを選定します。それは、マーケティング戦略に基づくべきです。

ユーザインターフェース(User Interface / UI)をデザインする

UIとは
ユーザインタフェース設計は、ユーザーが使いやすいようデザインすることで、企業が意図した通りの操作をしてもらうことを目的としています。
情報の構造化
使いやすいWebサイトでは、情報は構造化され、ユーザーの思考に沿って提示されます。多くのサイトでは、ユーザーの理解を促すためにあらゆる事を文字で記載しようと試みます。しかし優れたUIは、感覚的に操作できストレスがありません。
アクセス解析による検証
ユーザインターフェース設計は、感覚で行うものではありません。ユーザーの動きをアクセス解析で検証します。

商品・サービスを伝えるWebデザイン

商品・サービスへの理解
Webデザインとは、いただいた情報をコピー&ペーストするものでは、ありません。情報の構造化とともに、どの情報をどのような順番で見せるかという情報にプライオリティを持たせる必要があります。そのためには、クライアント企業の商品・サービスへの理解が欠かせません。
情報のプライオリティ
最も優先度の高い情報は、競合企業に対して強みがあり、顧客にとって価値となる情報です。価値とは、絶対的なものではありません。自社-競合-顧客(3C分析)の相対によって決まります。
イラスト・写真・動画・キャッチコピー
プライオリティを付けた情報は、多様な表現方法でWebデザインとして表現されます。
PAGE TOP