こんにちは、江本です。

今回は、製作事例のポイントの第二弾「タイトルを付ける」について書いていきます。

前回は、「画像を入れる」について書いていきましたが、
画像と同じくらい大切なのがタイトルです。

なぜ、製作事例にタイトルを付けるのか?

製作事例を掲載するにあたり、なぜタイトルを付ける必要があるのかというと、
2つの理由があります。

1点目は、訪問者に対して、製作事例の概要を分かりやすく伝えるため
2点目は、検索対策のため

です。

訪問者に対して、製作事例の概要を分かりやすく伝えるため

製作事例ページで、よく見かけるのが
「製作事例1」や「製作事例A」といったザックリとしたタイトルです。

これでは、せっかくの製作事例の魅力が伝わらずもったいないです。
製作事例の画像などを引き立たせるタイトルを付けた方が、
より訪問者に対して製作事例の概要が伝わります。

検索対策のため

また、訪問者に製作事例のページに訪れてもらうためには、
検索結果で上位に入ることも必要です。

訪問者がどんな言葉で、数多くある製作事例を検索するのかを考え、
検索するであろう言葉をタイトルに付けることで検索対策にもつながってきます。

どのようにタイトルを付けるか?

タイトルを付ける際には、タイトルを読んでどんな製作事例なのかということを分かりやすく
伝えた方が、訪問者もスムーズに理解ができます。

また、先程も書いたようにタイトルに含まれる言葉が検索対策にもつながってきます。

では、どのような言葉を使うかというと、

1.製作事例の名称(ネジ・ボルト・パーツ名など)
2.製作事例を形容する言葉(精密・大型・小型・特殊など)
3.製作事例の材質(ステンレス・鉄といった名称やJIS規格の名称など)
4.製作事例の形状(六角・四角・丸・穴付など)
5.製作事例の加工方法(切削・旋盤など)
6.製作事例のサイズ・規格・公差など

などがあります。

ただし全部を使うと、逆にわかりづらくなってしまいます。
1 + 2or4(または2と4) + 3 5 6のどれかを組み合わせているパターンが多いです。

例えば、
精密六角ボルト(ステンレス)

特殊ステンレスボルト(M3)
といった形です。

タイトルをつけることによって、
掲載する製作事例の伝えたいポイントが明確になってきます。

前回の画像にタイトルを付けるとこのようになります。

精密六角ボルト(ステンレス)

形になってきましたね。

次回は、総仕上げとなるポイントその3について書いていきます。

関連記事

  1. 2017.06.23

    モバイルフレンドリー2

    こんにちは。スタッフの櫻田です。以前、記事に取り上げられました「モバイルフレンドリー」。…

    モバイルフレンドリー2
  2. Webを活用した人材採用について

    2017.01.23

    Webを活用した人材採用について

    10年ほど前までは企業が求人募集をする媒体は新聞広告や各種フリーペーパーなど紙媒体が多かったのですが…

    Webを活用した人材採用について
  3. 製造業ホームページにおける情報発信について

    2017.06.13

    製造業ホームページにおける情報発信について

    こんにちは江本です。今回は、製造業ホームページにおける情報発信の考え方について書いていきます…

    製造業ホームページにおける情報発信について
  4. WordPressの使い方 1.会社としての情報発信

    2017.05.12

    WordPressの使い方 1.会社としての情報発信

    こんにちは、Web活用経営の江本と申します。今回より、櫻田と江本の交代制でスタッフブログを書いて…

    WordPressの使い方 1.会社としての情報発信
  5. 製作事例のポイントその1 画像を入れる

    2017.06.29

    製作事例のポイントその1 画像を入れる

    こんにちは、江本です。前回の記事の最後に、「製作事例を書く際に必要な項目について書いてい…

    製作事例のポイントその1 画像を入れる
  6. 2017.05.26

    Webアニメーション

    はじめまして。Web活用経営で、主にホームページのデザインやシステム構築を担当しています、W…

    Webアニメーション
  7. 製作事例のポイントその3 説明文を入れる

    2017.09.13

    製作事例のポイントその3 説明文を入れる

    こんにちは、江本です。数回に亘り製作事例を作成する際のポイントについて書いてきました。今…

    製作事例のポイントその3 説明文を入れる
PAGE TOP